ひろ さん
もうすぐ国家試験だね。
とも さん
去年もそう言ってましたよ?ほら。

ひろ さん
あっ、ほんとだ。

とも さん
しかし、あれから一年っていうのはあっという間ですね。

ひろ さん
そうだね。
とも さん
今年は問題がでると思います?

ひろ さん
今年のトピックは、なんと言ってもポリファーマシーだから、一問くらいは減薬の問題が出ると思うんだ。
例えば、血圧を確認して降圧剤の減薬を提案した、的な簡単な問題が。
とも さん
私は出題されないと思います。

ひろ さん
え?なんで??
とも さん
だって、ポリファーマシーに正解ってないと思うんです。
この薬が必要かどうかっていうのは、エビデンス的にOKでも、患者本人的に欲しいかもしれないし、テストにできるほどポリファーマシーという状態を整理できていないと思うんです。

ひろ さん
まぁ、そうだね。

とも さん
だから、出題されません!!

ひろ さん
じゃぁ、何が出題されると思う?
とも さん
糖尿病薬だったら、トルリシティとか、ザファテックとか、週1回製剤の問題とかもう出てもいいと思いません?

ひろ さん
確かに!!
発売が2015年だから、出ていいよね。
とも さん
あと、わりと新しい薬なら「フォルテオ」ですかね。

ひろ さん
出そうだねぇ。
骨粗しょう症薬関連はいろんな薬があるから問題も幅広く作れそうだし、作用機序的にも面白いし。
とも さん
あと、ベタにNOACの作用機序の違いはでるだろうし、抗生剤の注射ももっと実務で出題されてもいいと思います。
例えば、メロペンからのde-escalationとか。

ひろ さん
血液培養結果からの抗生剤の使い分けとか、難しい問題になりそうだね。

とも さん
それと、リウマチのバイオ製剤とかね。

ひろ さん
でそうーーー。バイオ製剤ややこしいからでそうー。
でも、やっぱり、今年も難易度上がるのかなぁ?
とも さん
上がると思います。でも、それに負けずに頑張って欲しい!!

ひろ さん
そうだね!もう後はやるだけ!!
とも さん
受験生のみんな、がんばれ!

ひろ さん
がんばれ!がんばれ!!