久美子
春香、まだ記録書いてるの?

春香
はい……。
久美子
なんで、そんなに時間かかるのよ。

春香
調べることが多くて。
久美子
まぁ、あなたは新人だから調べるのは多いのは仕方ないわね。
ところで、あなた何がわからないの?

春香
全部です……。
久美子
全部!?
あなた、もっと具体的に言ってくれるかしら。

春香
例えば、あの薬の先発品の名前だったりとか、ワーファリンを使っている時INRはどれくらいだったらいいかとか、ベルソムラの相互作用を起こすのはなんだったかとか……。
久美子
あなた、そんな基礎的な事がわからないの?
普段から勉強はしていないの?

春香
勉強ですか?
仕事が忙しくてなかなか勉強できないんです。
久美子
はあ?
あなた、何言っているのよ。バカじゃないの!!
逆よ!逆!!

春香
ひぃっ!
久美子
勉強をしないから、わからない事が多いのよ。
わからない事が多いから調べる。
調べるから時間がかかる。
時間がかかるから、残業する。

春香
……。
久美子
つまり、勉強しないから時間がかって残業する事になるの!!
残業してるから勉強する時間がないとか、バカな事言っているんじゃないわよ!
まったくこれだからゆとりは。言い訳ばっかり。

春香
す、すみません……。

久美子
あなたはこれから通勤時間に「今日の治療薬」を読みなさい。
加えて、調剤した薬の添付文書をすべて持ち帰って読みなさい。

春香
は、はい……。
あと、別の先輩に論文を読みなさいって言われたんですけど……。
久美子
あなたに論文なんて早すぎるわ。
アルファベットが書けない人が長文を読むようなものよ。
まずは基礎を押さえなさい。
話は、それからよ。

春香
はい……。
久美子
その人には私から言っておくから。
とりあえず、基礎よ!

春香
わ、わかりました。
久美子
基礎力なんて本当は大学とか、実習とか、国家試験で身につけているはずなんだけどね。

春香
スミマセン。
久美子
まっ、そう言っても私も国家試験の次の日にはほとんど忘れてたけどね。あはは。

春香
……。
久美子
とりあえず、春香がんばりなさい!
自分のために、患者さんのために。

春香
頑張ります!