〜とある病院のとある病棟にて〜

とも さん
やっ、安村先生…。
とも さん
昨日の夕から開始になったクラビットなんですけど、この患者さんの腎機能を考慮すると、今日から半分にするのはいかがでしょうか?
とも さん
・・・。
とも さん
し、ccrは40でした。
とも さん
・・・。
とも さん
へ、変更でよろしいですか?
はい。わかりました。変更しておきます!
とも さん
・・・。
ふぅ。なんとか話せた!
とも さん
変な汗でたなぁ。
とも さん
そういえば、この患者さん薬は自己管理だったっけ。
変更の説明して、薬回収しないと。

 

とも さん
こんにちはー。〇〇さん、薬剤師のともです。
薬の用量が変わったので、薬を回収に来ました。
とも さん
じゃあ、一旦回収しますね。
半分にしたのは、後で持ってきます。
とも さん
あと、担当看護師さんに声かけてと。
いたいた。
とも さん
あの、薬剤師のともです。
〇〇さんの薬の変更があったので、薬回収してきました。
変更後の薬は出来たら、渡しちゃってもいいですか?
とも さん
よしっと。
あとは、薬剤課に行って調剤すればいいか。

〜調剤室〜

とも さん
すみませーん。どなたか、監査お願いします!
できたら、私にください。
とも さん
ありがとうございます!
さてと、これをもって患者さんのところへ。

〜病室〜

とも さん
〇〇さん、お薬持ってきました。
薬が〇〇さんの体だと、一錠だと多かったので、先生に言って半分にしてもらいました。
とも さん
ふぅ。これで1つ解決っと♪

〜帰り道〜

とも さん
なんやかんやあって、今日も1日終わったー!
あっ、ひろさんだ。
私に、気づいていないぞ。
驚かしてやる!

とも さん
わっ!!!

ひろ さん
!?

つづく

次回【もし七】もしも3年目の薬剤師がフランクリン・コーヴィーの「7つの習慣」を読んだら④