〜とある病院の薬剤部にて〜

とも さん
ひろさん、私、新しい病棟になるの嫌だなー。

ひろ さん
それは、しょうがないよ。
とも さん
なんで、ずっとやらせてもらえないんですかね?

ひろ さん
1年間で交代がこの薬剤部のルールだからね。
とも さん
やだなー。やりたくないなぁ。

ひろ さん
それに、今までと同じクリニカルパスの指導とか、調剤ばっかりじゃ、つまんないよ?

とも さん
まぁ、そうですけど・・・。

ひろ さん
とりあえず、やってみなって。大丈夫だよ。

とも さん
はい・・・。

〜1ヶ月後〜

とも さん
ひろさん、私やっぱりダメです。
新しい病棟ぜんぜん合わないんですよ!
あ〜、もうこの病院辞めようかなぁ。

ひろ さん
えっ!ちょっと待ってよ!
とも さん
だって、病気の事全然わかんないし、看護師さんは冷たいし…。
それに、とにかく暗い安村先生とか、顔超怖いんですよ!

ひろ さん
俺もその病棟やったからわかるけど…。
でも、まだ辞めるのは早くない?

とも さん
でも…。

ひろ さん
あと1ヶ月やってみて、それでも無理なら、病棟変えてもらおうよ。
その時は、俺からも言ってあげる。
とも さん
ひろさん…。

〜その日、ともは病棟でほぼ無視されるように一日を過ごした。その帰り道〜

とも さん
あー、もうダメかも。なんかいい事ないかな〜。

とも さん
あっ、そうだ!
今日、東京タラレバ娘の新刊が出たんだっけ。
本屋さん寄らなきゃ。

とも さん
本屋さん着〜いた。

とも さん
タラレバ

とも さん
早速見つけた!
今日は仕事早く切り上げてきたから、ご飯食べたら読もうっと♪
とも さん
やっぱり、女子は仕事よりも、恋愛だよね。
とも さん
あ〜っ、早く、私に白馬の王子様来ないかなぁ。
って、むしろこれは来ない方の漫画か(笑)
まぁ、いいか。
とも さん
他に何か面白そうな本ないかなぁ。
とも さん
うろうろ。
とも さん
あっ、イケメン発見!
とも さん
あの人、どんな本読むんだろう。
ちょっと後ろついて行ってみよう。むふふ。
とも さん
ビジネスコーナーかぁ。
とも さん
あっ、山積みから一冊とりました!
しかも、左手薬指には指輪ありません!
いえす!!
とも さん
そして、レジに向かって行きました!
とも さん
えっと、あの人が取った本はこれか!
私も買ってく!
とも さん
急げっ!見失うな!

とも さん
げっ!レジに行列が・・・。
早くしないと、見失っちゃうよ。

とも さん
よし、次私の番だ。

とも さん
・・・。

とも さん
カバーはいらないです!

とも さん
え?期間限定のしおりを選んでください?
うーん、じゃぁ緑のパンダのやつ!
ってかどれでもいい!

とも さん
・・・。

とも さん
えっ?釣り銭がない!?
もうっ!急いでくださいっ!

とも さん
あ〜ん、もう見失っちゃうよ!

つづく

次回【もし七】もしも3年目の薬剤師がフランクリン・コーヴィーの「7つの習慣」を読んだら②