薬学部6年生のみなさま、記念すべき第100回薬剤師国家試験お疲れさまでした!!
メディセレや薬ゼミでは早速、問題と解答速報が流れています。
その問題について、私も感想を述べさせて頂こうと思います。
以下箇条書きに

・難易度は去年と同じくらいか
・問36 GLP-1受容体刺激薬が出題。まぁ、出題されるわな。流行ってるし。
・問197 リプルの色が出題される。実習中にリプルを見た薬学生は楽勝だったことだろう。もちろん大豆油が入っている事で脂肪乳剤、つまり白色である事は推測できる。
・問208 周術期の血糖コントロール について出題。特に最近は現場でも話題である。流行の話題にはアンテナを張っていなければいけない事がわかる。
・問213 認知症に長谷川式簡易知能評価スケールを用いた と、長谷川式スケールが問題文に明記された。薬だけではなく、その評価方法についての知識も必要という事。
・問225 【面白問題】ひげを濃くする「うっかりドーピング」と、リアップを髭に使わせる薬剤師・・・。
こういう問題大好き!!

問題225
国際大会出場予定の男子レスリング選手が、ヒゲを濃くする成分を含有する塗り薬があることを友人より聞いて来局した。
選手なので強そうな風貌になりたいとの事であった。
この薬局の薬剤師が、顧客に十分な説明をした上で、とるべき対応として最も適切なのはどれか。1つ選べ。
1 テストステロンを含有する軟膏を販売した
2 エストラジオールを含有する軟膏を販売した
3 ミノキシジルを含有するローション剤を販売した
4 ヒドロコルチゾン酢酸エステルを含有するクリームを販売した
5 男性ホルモンを含有する軟膏剤はあったが、販売しなかった

はい、でました。
「うっかりドーピング」
1 テストステロンを含有する軟膏。1類「グローミン」でおなじみ、男性ホルモン低下に対してホルモン補充のための薬。
2 エストラジオールを含有する軟膏。2類「ヒメロス」でおなじみ、女性ホルモン低下に対してホルモン補充のための薬。
3 ミノキシジル。「リアップ」でおなじみ、発毛剤。もちろんヒゲでの使用経験はなし。
4 ヒドロコルチゾン酢酸エステル。かゆみ止め「オイラックス」に含有。ステロイドの副作用の多毛をヒゲにつかうのか。
5 正解。

真面目に作っていのが、ちょっとだけ微笑ましい。
この問題で「ヒメロスはどうして2類なのか」という問題提起も感じる。
リアップをちょっとヒゲに使ってみようか。効きそうだな。肌荒れ起こしそうだけど。

・問240 偽造処方箋 についての問題。これは社会問題にもなっている。早いうちから気をつけろという事だろう。
・問274 5つのセロトニン拮抗薬が出題される。
この薬物は、5−HT3拮抗薬です。他の5−HT3拮抗薬に比べて消失半減期が薬42時間と長く、そのため遅発性の嘔気・嘔吐にも効果があります。
1 アザセトロン(セロトーン)
2 オンダンセトロン(ゾフラン)
3 グラニセトロン(カイトリル)
4 トロビセトロン(ナボバン)
5 パロノセトロン(アロキシ)

もちろん、答は5。アロキシ(パロノセトロン)
アロキシの使用頻度は比較的高く、病院実習中にこの知識を得る事は可能だ。
アロキシだけ知っていれば解答できる。
しかし、病院実習中にこの知識を得ていなければ、それぞれの薬の特徴を後で覚えなければならなく、非常に大変だ。
ってか、ナボバンってなんだよ。見た事も触った事も、聞いた事もないぜ。

・今年のOTCは大正製薬が多い(リアップ、コレスケアキトサン青汁、メディトリート)

・後発品に関しての問題あり。やはり後発品推進は国策。後発品の使用は医療費削減に重要である。

【今年の変な問題】
問294−295
軽度に認知症にアリセプトとムコスタが処方される。
ムコスタ!?何の為に?
ナウゼリンならともかく、ムコスタは処方意図がわかりません。
これは問い合わせるだろうと思ったら、設問になし!!
今年も問題に突っ込めてよかった!

取り急ぎ、気になった問題を上げてみました。
みなさん、いかがでしたでしょうか?
いかに病院実習が大切かを感じました。
そして、今年は問題がちゃんとしていて、突っ込みどころが少なくて残念。
牡蠣も出題されなかったし、長机で90度に座って指導を行う問題も出なかったしね。
今回は記念すべき第100回ということで、かなり問題の見直しをしたという印象があります。
臨床検査値も今回は臨床的で、おそらくこの辺は医師の監修もありそうですね。
医薬品学習研究所の問題速報でした♪
またこの後もつっこみま〜す♪