みなさん、ドラクエは知っていますか?
シリーズ中、私の特に大好きな作品はこちら
ドラクエパッケージ

私の時代はFC版。
このパッケージをみると、懐かしさで胸がいっぱいになります。
このパッケージだけだと、ちょっとキャラクターがわからないので、こちらの写真を
ドラクエ出演

いかがでしょうか?
みなさん、思い出してきたでしょうか?

わたし、このシリーズに出てくる「トルネコ」が薬剤師にそっくりだと思うのです。

トルネコのストーリーを思い出してみましょう。
ドラクエⅣは最初にキャラクターそれぞれの章があります。
1章ではライアンという戦士が次々と子供達が失踪するのを解決するストーリー。
2章では王女アリーナが冒険し、武術大会に出場するストーリー。
とっても冒険感がして子供の時はわくわくした記憶があります。
しかし、第3章のトルネコの章では、一定のお金を稼ぐだけ。
ボスを倒すとか、謎を解決するとか、そういう冒険要素一切ありません。
毎回同じ朝から始まり、愛妻弁当をもってダンジョンへ向かい雑魚を倒しお金を稼いでくる。
ただそれだけ。
とても地味です。
小学生だった私は、この章はなんのためにあるのかわからず、さっさと終わらせて冒険に旅立ちたい気持ちでした。
しかし、今は違います。
毎日愛妻弁当を持って、仕事をし、家には妻と子供が待っている。
最高に幸せなストーリーではないかと思います。
3章はそれで終わるのですが、実はトルネコにはこのようなつづきがあります。

最初は雇われの身であるが、伝説の武器を見つけて世界一の商人になることを夢見ている。やがてエンドールに店を持ち妻子とともに移住し、国王から武具を発注されるなど店は繁盛するが、伝説の武器を探すため、資金不足により工事が中断していたブランカへのトンネルの工事資金を出して工事を再開させ、トンネル完成後に一人旅に出る。
第五章ではコナンベリーで船を発注するが、東にある大灯台からの怪しい光で海が荒れ出航できないため、大灯台に単身で乗り込み、足止めを食っていたところを主人公たちに助けられ、その後、完成した船とともに仲間に加わる。

この設定かっこいいです。
安定した武器商人から抜け出し、伝説の武器を探しにでて、その中で勇者と出会い、魔王デスピサロに戦いを挑む男気とロマン。
ほんとにかっこいい。

私、薬剤師はトルネコに似ていると思います。
今の薬剤師はまだ第3章のトルネコです。
毎日、細かい仕事をやりつつ、毎日変化の無い日々を過ごしている。
ただ、お金はそれなりに稼げて、それなりに幸せである。
ただし、冒険はない。
それで良いなら、このままでもいいでしょう。
しかし、トルネコは心の中には夢があり最強の武器を手に入れようと旅立ちます。
薬剤師のみなさんも、心の中に夢があるのではないですか?
その夢を追って、今旅立ちませんか?
旅立った先には様々な人との出会いがあり、その中には勇者の様な人生を変えるような仲間に会えるかもしれません。
狭い世界から飛び出し、広い世界を冒険しましょう!!