薬学生はこんな特徴がある!

・親が金持ち
女子ならブランドのバックやお財布をさりげなく持っていたり、男ならさりげなく良い時計をつけている。
私立の薬学部に入るにはそれなりの財力がいる。
親が稼げなければ入学できないのだ。
そのため、身なりはそれなりのものを身につけている。

・しかしダサい。
薬学部に入る為にはそれなりに勉強も必要。
勉強をすると、おしゃれに気を使わなくなる。
そのため、持っているものはそれなりの金額がするが、合わせるのが下手でダサい。

・地味で消極的
医師になりたいと思うほど、積極的ではなく、補佐的な役割を好む。
そもそも薬剤師ってわりとそんな役割。
大学で奇抜なファッションをすると、浮く。
何か新しい事をやろうとすると、仲間はずれになる。
おもしろみに欠ける大学生生活をおくる者も多い。

・偏差値が下がれば下がるほど、ボンボンと再入学の割合が多くなる
私立の薬学部はお金があれば入れる状況。
大学の入学偏差値が低ければ低いほど、ボンボンが多くなる。
また、財力はないが腹をくくった再入学組も入学のしやすさから多くなる。

・独り身が多い
彼女いない歴=年齢、彼氏いない歴=年齢が多い。
薬学部は消極的なため、恋人を無理して作ろうとしない。
そのため、恋人ができない。

いかがでしたか?
消極的な薬学生から積極的な薬学生へ変わって欲しいという意味を混めて書いてみました。
積極的になるだけで、人生変わります!
れっつちぇんじ♪