薬剤師の転職サイト多くないですか?
いろいろなサイトを見ていると、ネット広告で常に転職サイトがでてきます。

ちなみに、ヤフーで「薬剤師転職サイト」で検索すると1ページ目には、以下のサイトが出てきます。
・薬剤師転職・求人・募集なら【マイナビ薬剤師】
・薬剤師求人プレミア~人気求人の薬剤師転職サイト|リクルート
・薬剤師の求人・転職・募集| 薬キャリ by m3.com
・薬剤師求人・転職・派遣のエキスパート【クラシスのヤクジョブ】

マイナビ、リクルートなど転職サイト大手や、医療情報サイトのM3もあり、薬剤師専門のヤクジョブもでてきます。
最近では日経DIでさえ、転職ビジネスを始める始末。
そして、その後には、
・薬剤師求人 比較センター【2015年最新ランキング】
という比較サイトまで。

そんなに、薬剤師って転職したいのか!?
と、思ってしまいます。
しかし、この転職サイトも薬剤師からのニーズがあるから成り立つ商売でしょう。
実際、私も転職サイトを利用して転職の相談をした事もありますし、
新卒でそのままずーっと働いている薬剤師も多くはないのは実感しています。
では、なぜ薬剤師が転職サイトを利用するのか?
それは以下の理由が考えられます。
・より良い職場環境で働きたい
・産後の復職をしたい
・転職サイトが転職せよとはやしたてるから

薬剤師が辞職する一番の理由は、職場の環境(主に人間関係)です。
嫌な職場はあるでしょう。嫌いな人もいるでしょう。
どうしてもそれが辛い場合、転職し環境を変える事は大切です。
無理して働いて鬱になってもしかたがありません。
しかし、なんとなく嫌だから転職する人も少なくない現状です。
そして、そういう人はだいたい失敗します。
なぜなら、自分の求めている理想の職場なんてありはしないのです。
そういう人は理想ばかり追い求め、自らの努力を怠り、人のせいにし、どこかにあるパラダイス職場を探しているのです。
パラダイス職場なんてありはしません。
自ら作ればできるかもしれませんが、そういう人はその努力もせず、文句を言っては転職するのです。
転職サイトの主なターゲットはそこかもしれません。

2つ目の理由は産後の復職です。
薬剤師は女性が半分以上です。
そのため出産という大きなイベントがあります。
出産後育児が落ち着いてから、復職する際に転職サイトを利用します。
自分のライフスタイルに合った職場を探すのに、転職サイトは非常に便利でしょう。

3つ目の理由は、転職サイトが転職せよと囃し立てるから
ひょっとしたらこれが最大の理由かもしれません。
どこの薬局は年収800万円、ここの薬局は休みが多い、あそこの薬局は定時に帰れる。
などと、福利厚生を全面にだし、今の職場よりも良さそうな職場があると思わせます。
もちろん、年収800万円をだせる薬局はほとんどないとはわかっているのですが、ネット広告をみるとついついクリックしてしまいますよね。
しかも、その800万円の薬局を見てみると、ブラック企業感が半端無かったりします。
しかし、転職希望者はもしかしたら良い会社なのかも、という淡い希望を抱いて転職するのです。
そして、働いたらやっぱりブラックだった。また、転職・・・。
というループに陥ってる薬剤師もたくさんいるでしょう。
転職を繰り返すとそれが癖になってしまい、転職ループに陥るのです。
そこも転職サイトのターゲットなのでしょう。

さて、いかがでしたか?
まとめると、
・夢のような職場なんてない
・給料が良い職場はブラックだ
・転職すると癖になる
ということです。
転職サイトに惑わされず、自分の意思、やりたい事をしっかりともち、仕事をしていきたいですね。
やりたい事さえそこにあれば、少々の辛い事は乗り越えられるはずです。
ビジョンを持って仕事をしていきましょう!!