Q:薬剤師って儲かるの?
A:儲かります。年収は、病院<薬局<ドラッグストア<薬局経営者の順。
おおよその年収は以下
病院薬剤師、400万円〜
薬局薬剤師、500万円〜
ドラッグストア薬剤師、550万円〜
薬局経営者、0万円〜1000万円超
また、地方で就職すると全体的に年収が高くなります。
地方には薬剤師が集まらないためです。

Q:薬局経営者って儲かるの?
A:成功すれば儲かります。
経営者になる事は、ハイリスクハイリターンですが、
年収1000万円超も夢ではありません。
そのかわり、経営手腕が問われます。
薬学部では経営は学ばないので、独自に勉強が必要です。
また、薬剤師でなくても薬局開設者になれます。

Q:ドラッグストアの年収はどうしてそんなに良いの?
A:薬剤師が来ない、辞めて行くからです。
来ない理由はそのやりがいのためでしょう。
せっかく薬の勉強を6年もしてきたのに、現場にでると、想像以上に接客ができず、
薬剤師の知識を生かす事ができません。
やりがいの無さから就職先として選ばれず、また、離職率も高い傾向にあります。
初任給を高めに設定して、お金を稼ぎたい薬剤師を集めているのです。
初任給は高いのですが、昇給は高くありません。

Q:病院薬剤師はどうして年収低いの?
A:病院自体が儲かっていないからです。
病院が儲からなければ、薬剤師に高給を与えられません。
お金というよりも、やりがいで仕事している人達です。

Q:薬剤師ってパートでも働けるの?時給はいくらくらい?
A:パート大募集です。時給は2000円〜。
パートで一番多い募集は、調剤薬局でしょう。
調剤薬局は店舗がコンビニよりも多いため、薬剤師の確保に必死です。
そのため、高給を提示してきます。
時給は最低でも2000円はもらえます。
そのため、子育てが一段落した女性にも働きやすい職種と言えます。
また、年齢が高くても比較的雇ってもらえるので、60過ぎのパートさんも少なくありません。

Q:薬剤師になるにはお金がかかるの?
A:1000万円かかります。
国立大学の薬学部であれば、学費は安いのですが、そのかわり偏差値も高く
大学の数も多くありません。
私立大学は国立大学に比べて、偏差値は劣り、入学しやすいのですが学費が高額です。
大学にもよりますが、1年間で200万円前後の学費がかかります。
それを6年間続けるので、最低でも1000万円払える余裕がないと無理でしょう。
奨学金も借りる必要が出てくるでしょう。
しかし、給料も悪くないので、奨学金の返済もそれほど苦にはならないでしょう。