みなさん、新年の抱負は決まりましたか?
今年1年どう過ごしましょうか?
薬剤師として、人として、どのように成長しましょうか?
ただなんとなく過ごしてしまっては、充実感なく過ごす事になってしまいます。
でも、抱負なんて見当たらないし、具体的に何をしたらいいかわからないよ。
なんて人もいるかと思います。
そんな人達には、考えるヒントを出してみようと思います。

質問:かっこいい人ってどんな人でしょうか?

解説:かっこいいとは、美男、美女の事でしょうか。
あなたがむかし憧れた人は、ただ見た目が良い人だったのでしょうか。
そうでは無かったはずです。
顔なんてどうでも良かった。
小学校の時は顔よりも、足が早い人に憧れたり、
頭がいい人に憧れたり、やさしい人に憧れたり。
そんな人を好きになっていたのではないでしょうか?
もちろん、見た目はどうでも良いと言っているわけではありません。
見た目は大事ですが、それが一番では無いと気づいているはずです。
人としての魅力がその人を輝かせるのです。
さて、かっこいい人のイメージはできたでしょうか?
やっぱり思い浮かばない人は、昔好きだった人や、好きだった偉人、漫画のキャラクターでも結構です。
ちなみに、私の好きな偉人は野口英世です。
彼の研究への情熱は世界一だと思っています。
大きな研究の成果は得られませんでしたが、千円札にも描かれ、人の心を揺さぶる研究者はいません。
漫画のキャラクターだと、スラムダンクの桜木花道でしょうか。
好きな人にほれてしまったばっかりに、バスケを始めいつのまにかのめり込んでいく。バスケは下手だけど、とにかく一生懸命。
最初はドリブルを覚え、リバウンドを制し、シュートも上手になり、ひとつひとつ出来る事を積み重ねていく。
やっぱり、かっこいいですよね。

さて、みなさんのかっこいい人の姿はイメージできたでしょうか?

質問2:かっこいい薬剤師ってどんな人でしょうか?その理由は?

解説:今度は薬剤師としてです。少し考えてみましょう。
すでに具体的にイメージできている人は、薬剤師という仕事に真摯に向き合っている人でしょう。
この質問の答は、一緒に働いている先輩でもいいです。
講演会で講演していた先生でも、雑誌で名前を良く見かける先生でもいいです。
憧れる薬剤師はどんな人でしょうか?
イメージできたでしょうか?
一人でなくても結構です。
いろんな人の良い所を集めてオッケーです。
では、その理由はなんでしょうか?
薬の事をなんでもしっている、調剤が早く正確だ、服薬指導が上手だ、他のスタッフの事をよく考えている、学生の指導に熱心だ。
などなど、すごい薬剤師って結構いますよね。

さて、質問1、2で出た答えから今年の目標を決めましょう。
質問1:かっこいい人ってどんな人?
この質問ででた答が例えば、桜木花道で、
彼を選んだ理由が「一生懸命」であったとしましょう。
そしたら、あなたの今年の目標は「桜木花道のように一生懸命」に取り組む。
これで十分です。今年1年、くじけそうになったときには、「桜木花道のように一生懸命」を思い出し頑張れるはずです。

質問2:かっこいい薬剤師ってどんな人?
そのかっこいいと思った事を今年1年で極めてみませんか?
1年間、それに注力すればできるはずです。
大学受験を思い出して下さい。
3年生の4月と12月ではどれだけの差があったのかを。
きっと極められるはずです。だって、1年もあるのですから。

いかがでしたでしょうか?
今年の目標は立ちましたでしょうか?
目標が立てば、それを実現するために逆算し、具体的に何をするべきか見えてくるはずです。

今年は自分史上最高の1年にしましょう!!