先日、Co-med Cafeで行われたイベント「薬局が変われば地域医療が変わる!~薬局と薬剤師の役割について~」に行ってきました。
感想:やっぱり狭間先生って凄い!その凄いところを箇条書きにしてみました!どうぞ♪

【狭間先生の凄いところ】
・タフ過ぎる
日本全国講演に駆け回りながら、在宅薬学会の講師、会社の経営から、訪問診療も行う。
とても一人だけできる仕事ではない。コピーロボットが3人くらいいると噂される。

・頭が良すぎる
阪大第一外科。これだけでも凄い。
記憶力が良かったり、勉強ができるだけでなく、要領が良過ぎる。物事をわかりやすく説明する柔軟性も。

・読書家
話の中にも、名著からの引用も多く、知識が豊富。たくさんの本を読んでいる様子です。

・話が面白い
関西出身のため笑いを細かく入れてきて飽きさせないうえ、話の構成、内容、全てが凄い。
TEDにはいつ出るのでしょう。

・イケメン
最初は今よりイケメンでなかった様子であるが、歳を重ね、イケメンに磨きがかかっている。

・マーケティングが凄い
日本在宅薬学会がこれほど大きくなったのは、マーケティングを戦略的に行っているから。
自身が広告塔となり、Facebook、ツイッター等、毎日頻回更新している。ウェブマーケティングも凄い。

・医療を変えるという覚悟が凄い
絶対医療を変えるという覚悟が凄い。絶対、医療が変わる。なぜなら、彼は医療が変わるまで止めないから。

・懐が広い
自分のような一般人の話もじっくり聞いてくれる。

・リーダーシップが凄い
薬剤師全体を信じてくれている。薬剤師の中でもリーダー。
薬剤師のミッションを示し、多くの薬剤師が情熱を持ってそのミッションを追っている。

・Macが好き
iPhone、Macbookユーザー!私と同じ!ちなみに、プレゼンの時はKOKUYOの黒曜石を使用。

・自撮りがうまい
Facebookの写真は全てかっこよく写っている。これだけでも真似したい。

・情熱が凄い
狭間先生の情熱で私の薬剤師魂に火がつきました!

いかがでしたでしょうか?
とにかく凄い人なのです。尊敬しています。
みなさんもまだ狭間先生の講演を聴いたことがないなら、一度聴く事をオススメします。
また、一度聴いた人も、また聴きに行ってください。
同じ話かとおもいきや、以前より話がバージョンアップされており、感動しますよ!