前回紹介したオススメの本
「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

ビリギャル
ですが、内容はとても面白い上に、
この本は学生実習に活かせます!
活かす方法を箇条書きにしてみました!

・学生に愛を持って接する
・見ためで人を判断しない
・真剣に向き合う
・とにかく褒める
・相手の良い所を探す
・相手を良く観察する
・相手の好きな物で仲良くなる
・アウトプットまでさせる
・国家試験の過去問をやらせる
・例え話をつかってわかりやすく
・好意をもっていじる
・声は少し高めのキーで
・できないこと、知らない事を責めない
・教えるのではなく、問いに対してアドバイスをする
・やりたい事に対して無理と言わず、応援する
・知る事の面白さを伝える
・相手の行動を変えようとするのではなく、自分が変わる努力をする
・なぜできなかったかを探るのではなく、行動のアドバイスや行動の削除を促す
・できなくても、可能性がある事を信じる

ちょっと書き出しただけでもこんなにありました。
薬学部が6年制になって、現場もさらに実習にも力をいれないといけません。
たくさんの本を参考にし、実践していこうと思います!
みなさんも実習に参考にしている本があったら教えて下さい!