みなさん、NSTはやってますか?
病棟に出ている薬剤師なら、きっとNSTには参加している事と思います。
でも、ちゃんと理解できていますか?

う〜ん、よくわからない。
基本が抜けているきがする・・・。
実は無言でついていっているだけ・・・。

そんな人が多いのではないのでしょうか?
だって、大学ではきちんと教わってきてないのですから。
どうしても、独学に頼るしかありません。
独学をすると知識が偏ります。
基本的な内容が抜けていたり、正しい考え方が出来ていていなかったりします。

私もそうでした。
それなので、1回ちゃんとNSTを勉強したいと思い、こちらの勉強会に行ってきました♪

【メディカ出版セミナー】
実践できる栄養ケア
~栄養スクリーニング、身体計測、栄養・食事の観察、栄養アセスメント、栄養剤のチェック、静脈・経腸栄養ルートのケア、合併症の対応、食事内容の選択、食事形態の工夫、経口摂取アプローチ など~
清水 健一郎
(栃木県済生会宇都宮病院糖尿病・内分泌内科/栄養サポートチーム委員会委員長)

メディカ出版は看護師向けの本を出版しており、薬剤師にとっては「Clinical Pharmacist」がなじみ深いかと思います。

今回のセミナーの内容は本当の基礎的な考え方から、実際の症例まで教えて頂きました。
やっぱり、栄養の考え方の基本がちょっとずれていた事に気づかされました。
栄養や薬だけを見ていては絶対によいアセスメントができません。
薬剤師として良いアセスメントをするには、患者の状態を知る事が大切。
それを知った上で、薬が適正かどうかを考えるべきなのです。
丸一日の勉強会だったので、細かい事は書ききれませんが、
セミナーに興味を持った方、NSTに自信が無い方は、この本を読むと良いと思います。

治療に活かす!栄養療法はじめの一歩
清水 健一郎 著
栄養療法

今回のセミナーの内容の大部分が書かれています♪
この本を十分理解した!と思った方は次のステージ

モヤモヤ解消! 栄養療法にもっと強くなる〜病状に合わせて効果的に続けるためのおいしい話
清水 健一郎 著

栄養療法にもっと強くなる

いかがでしょう?
この本を読んで、NSTでただ無言で座っているだけは卒業しましょう!!