電通から発表されたサービスについて

「hoppe(ホッペ)」の特長は以下(コピペ)
1 患者はスマートフォンまたは携帯電話で本サービスの利用が可能。
2 ホッペに加入した薬局では、患者がどこの薬局を利用した場合でも患者のお薬データの把握が可能。
3 高度なセキュリティ技術で患者の情報を保護。
4 誰でも使いやすいインターフェースで、患者の服薬状況や健康管理をサポート。
5患者の服薬状況や食事、運動情報を薬局が把握し、指導することが可能。
6 薬局や薬剤師、患者へのダイレクトな広告情報配信が可能。
7 本サービスは、より広く全国の薬局・患者に活用いただくために無料で提供。

薬剤師的にはここが良い!

・かかりつけが他の薬局だったとしても、ホッペに加入していれば、かかりつけの服薬情報も得る事が出来る。
・患者・薬局共に無料
・服薬情報や食事・運動情報のフィードバックが嬉しい
・ホッペが患者へ健康サポートしてくれるところがありがたい。

といった点か。
一番重要な点は、このツールを利用して薬剤師がどこまで積極的に患者へ関われるかどうかだ。
フィードバックされた服薬情報を積極的に利用しなければ意味が無い。
他の薬局へかかっている事がわかっても、それを利用して相互作用や重複投与を防がなければ意味が無い。
薬剤師の腕の見せ所である。
こういったツールを利用して十分職能をアピールする事が薬剤師の生きる道であると考える。

また、収益は患者や薬局への広告情報配信にて稼ぐのだろう。
広告収入は加入者の数で決まる。
電通はそれなりの利用者数を見込んでいるのだろう。