「努力しない薬局は『市場から退場』だ」

日経DIにこの記事が掲載された。
本記事はこちら
今回の記事を要約するとこんな感じ。

診療報酬改定があり、調剤薬局での加算・算定が厳しくなった。

これだけ。
今回のインタビューは、タイトルだけで、ほとんど中身は無い。
これからインタビューを続けていくようなので、これからの展開に期待したい。
読んでがっかりの内容だったので、個人的に薬局が努力しない理由を考えていきたいと思う。
今回は、薬局は会社であるという観点からお話していく。

個人の努力はあるが、薬局は結局会社である

調剤薬局の大部分は大手薬局チェーンが運営している。
いわゆるコンビニと同じである。
上層部が決めた事に対して、各店舗が指示に従い実行していく。
何かしたいと思っていても、上を通じて許可をとる必要があり、意見を反映させる事に時間がかかる。
自分の店舗といえど、好き勝手にできる事は少ない。
本当に変えようとするなら出世して自分が上層部になるか、開業して本当に自分の好きなようにするしかない。
出世するためには時間と労力が多大に必要で簡単ではない。
また、出世したところで自分の意見が通るとも限らない。
自分のやりたい事を会社でやるには時間がかかるのだ。

それでは、開業し自分の好きな事をすれば良い。
もちろん開業は簡単な事ではない。
時間もお金もリスクもある。
しかし、会社で出世するより簡単であり、時間もかからず、ストレスも少ない。
そして、開業し自分の好きなようにできる。
自分が薬局長で社長なのだから。
人事も好きなようにすることができるし、店内のレイアウトも、患者対応も好きなようにできる。
また、今回の診療報酬改定に関しても、迅速に対応できる。
もちろん、すべては自分次第であるが。

開業した場合、自分が頑張って素晴らしい店舗を作ったとしても、世の中を変える事は出来ない。
自分の持つ店舗だけでは、社会的影響力がないのである。

その点、大手チェーンで同じ事をした場合、社会に対して与える影響は大きい。
例えばすべての店舗で血糖測定を導入したとする。
それに対して、雑誌の取材が来て、それを見た中小薬局チェーンもやっている事を真似し、とくダネ!等のテレビ番組にも取り上げられるかもしれない。
大手になればなるほど、社会に影響を及ぼせるのだ。

これが開業した数店舗だけでやったとしても、取材など来ないし、なんとなく行っている感じは否めない。
もちろん、開業しても社会を変える事はできるが、社会に影響を与える程、影響力を高めるには時間がかかるだろう。

どちらにしても、世の中を良くするという事は一筋縄では行かないのである。

世の中を変えない限り、世の中から認められる事は無い。
つまり、認められなければ、「薬局が努力していない」と言われてもしかたがないのである。

次回は、薬剤師の消極性の観点からこの問題を言及していこうと思う。