薬剤師のみなさん、麻酔薬を触っていますか?
たとえば、マイケルジャクソンの僕のミルクでおなじみの、
プロポフォール
吸入麻酔といったら、これ
セボフレン
鎮痛剤の定番
フェンタニル
オペ室担当の薬剤師なら、良く知っている薬かと思いますが、
普通の薬剤師ではなかなか薬を触る事も無いと思います。
さらに、オペ中にその薬をどうやって使っているのか?
なかなか知り得ない、オペ室の中をわかりやすく紹介している漫画がこちら
麻酔科医ハナ
麻酔科医ハナ

オペ室での麻酔科の仕事は、麻酔以外にも、ルートの確保や、全身管理(呼吸管理、循環管理、疼痛管理)がある。
外科や内科、小児科などテレビで取り上げられることはあまりない、
地味だけども非常に重要な麻酔科の仕事がわかります。

主人公、華岡ハナ子は研修期間2年を終えたばかりの駆け出し(後期研修医1年目)。
加えて、巨乳。
連載が漫画アクションという男性向けの雑誌なので、ちょくちょくお色気あり。
ドラマ化するのなら、夏菜。
彼女のオーベンが卯月。
小早川とは同僚だが、過去にあった事件のために、卯月は過食におちいり、
小早川は自信喪失してしまった。
卯月は松尾 諭、小早川は西島秀俊でいかがでしょう?

今まで知らなかった麻酔科について、ちょっとだけ知ってみませんか?
ちなみに、Amazonさんはこちらから