今回みなさまにおすすめしたい本はこちら。
ちなみに、超おすすめ!!

カラダはみんな生きている 著:藤原サヤカ・サヨコ 監修:千葉科学大学
20140220-223147.jpg

こちらの本はNHKでも映像化されました。
ドラマは5分間なんですが、アニメも混じってきてすっごく面白いです。
カラダの構造をゆるキャラにして、わかりやすく解説した漫画で、
一般の方が読んでも面白いし、医療系学生が読んでも理解を深めます。
解剖や生理学の教科書を読む前に一度読んでもいいかも。
そもそも、この本ができた経緯は、作者の藤原サヤカさんが、
薬学生時代に、内臓ってなんて可愛いんだ!
と、家族や友達に伝えるも、
「マニアックすぎてわからん」と一蹴。
そんな中、母からの「じゃあ、キャラにしてみ」
の、一言でこの本は生まれたのです。
たくさんのかわいいゆるキャラが登場します。
無口で謎の多い「脳様」、体内のクールな薬剤師「膵臓」、ガラスのハートの「田月」さんなどなど・・・。
彼らが、自分たちだけでなく、心不全やうつのメカニズムなども解説していきます。
ちなみに、所長のお気に入りは赤血球のちいちゃん

こちらはちょっと自慢。
サイン本です♪
20140220-223133.jpg

以前取材した時のものです。
えぇ、私こちらの作者、藤原さやかさんにお会いした事あるんです。むふふ。
もちろん挿絵は赤血球のちいちゃん。
取材の模様はこちら(やくたまHP)

また、読んでみたいと思ったかたはこちらから(Amazonへ)